吹雪

20170324.jpgもう3月も下旬だというのに

一日中ずっと雪が降って寒かった

週間天気予報の可愛いすぎる雪だるま

この時期はもう見たくないなあ…

 

広告

1月19日(木)雪

20170119.jpg

「マ〜ルとたんけん!ちいさなびじゅつかん」展、今日が最終日でした。来てくださったみなさん、本当にありがとうございました (^o^)

閉館後にけーたろう氏とマ〜ルの木のメッセージをひとつひとつ読んで胸がジーンと熱くなりました(絵をクリックすると画像がでます)。

小さな子どものあどけない文字や絵、大人の方からの温かい言葉、闘病中の方がご自身に向けた思い、受験生の願い事 etc.

どれをとっても生き生きとして命が宿ったメッセージでした。宝物として大切にします。

会期中毎日更新していた絵日記の展覧会ブログもここでおしまいです。展覧会の裏解説として楽しんでいただけてましたら幸いです。見てくださった方ありがとうございました(*^o^*)

また気まぐれに綴っていきたいと思いますのでときどき覗いてみてくださいね♪

1月18日(水)くもり

20170118.jpg

<マ〜ルとマ〜ルのおともだち>は絵本の登場人物たち。

いつの間にか36点に増えました。これらは日頃アトリエの壁を埋め尽くしているので今はすっきり、というよりちょっぴり殺風景。でも展覧会もあと1日になりました。

1月17日(火)晴れ

20170117.jpg

1人がけソファの上には手作り感いっぱいで可愛くて好きなものばかりをおきました。

マ〜ルの油彩画を初め、紙粘土で作ったマ〜ル、個包装に顔を手描きしたマシュマロの写真、けーたろう氏のお父さま手作りの楽器ライア、HBC堰八沙也佳アナウンサーの絵本「ぶぅくんハムになる?」の『キコキコ商會』さんによる手作り豆本、それを読んでいるフェルトの手作りマ〜ルなど。

手作りは心がほんわり温かくなりますね♪

1月16日(月)くもり

20170116.jpg

第2章「なかいれいのアトリエ&けーたろうの本棚」、右奥にあるのは日頃画材入れとして使っているボビーワゴン。油彩を始めた頃に画家の友人が使っているのをみて、収納力が高さと可動式なのが気に入り同じものを購入しました。

なにか参考になるような使い方をしているかは微妙ですが、自身が楽しんで描ける環境を整えることがベストなのかなと思っています。

1月15日(日)ときどき雪

20170115.jpg

「マ〜ルとさっぽろ」<てんもんだい>は、中島公園にある札幌市天文台がモチーフです。一般公開していて屈折望遠鏡を覗くことができます。先日訪れた時、天文解説員さんが目を輝かせながら星の話をしてくれました。

まるでスーパームーンみたいに大きく描きましたが、マ〜ルにとって月は特別な存在。絵本のなかでもいつも静かに見守っているのです。

1月14日(土)晴れ

20170114.jpg

「マ〜ルとたんけん!ちいさなびじゅつかん」展、今日は高校やOL時代の友人が見に来てくれました。久しぶりの再会で嬉しかったです(^o^)

「マ〜ルとさっぽろ」<あかれんが>は、道庁赤レンガがモチーフ。6年ほど前に同じ題材で桜の季節を描いたのがあるのですが、改めて見直した時に気に入らないところが出てきてしまい、この秋の夜のシーンを描き起こしました。

絵はともかくとして、桜の時期もいいし紅葉も見事です。赤レンガがとっても映えます。

そしてもちろん、冬の真っ白な雪景色もとってもいいですよ!

1月13日(金)雪のち晴れ

20170113.jpg

今宵の札幌は月がとっても綺麗です♪

「マ〜ルとさっぽろ」<じゃんぷきょうぎじょう>は、星降る夜にマ〜ルがスキージャンプをしているシーンです。

道産子なこともあり子供の頃からウィンタースポーツを見るのが大好きで、特にスキージャンプの中継はテレビにかじりついて見ていました。あの頃こんなダイナミックな競技は男子だけのスポーツだと思っていたけれど、今や女子も大活躍、しかも世界の頂点に北海道出身の選手たちがいるなんてスゴイ!!!

明日からの札幌大会も楽しみですね (^o^)/

1月12日(木)極寒(*_*)

20170112.jpg

「マ〜ルとさっぽろ」<とよひらがわ>には、個人的に強い願いを込めました。鮭が沢山帰ってきてほしい。

数年前に初めて遡上する鮭の群れに暑寒別川で出くわしました。その時はたまたま増毛の国道を歩いていて、橋を渡った時にふと見下ろしたら「え??何かがいる!?!」

おびただしい数の黒い大群が全て一つの方向を向いて沈黙しているのです。何も恐れず命をつなぐことだけのために死を覚悟する。自然界の掟なんですね。どこか神がかっていて巡礼のようにもみえました。

テレビ番組などでは何度もみたことがあっても、いざ実際この目でみると言葉では言い表せられないほど心が揺さぶられます。豊平川でもこんな光景がいつか見られるようになるといいなあ・・・