すべては対話で解決できる

SAPPORO ART DIRECTORS AWARD 2017 出品

5年前、そのとき世の中で起きていることに向けて作ったポスター。

船が「話している口(白い部分は歯)」の形になっているのがわかるかな?

世界の国々が共に手を取り合って言葉の船に乗り、荒波を乗り越えていることを表現しているのだけど、

今の世の中に起きていることに対しても同じ思いでいる。

私の頭の中のお天気

目が覚めた途端

時計の文字盤が頭に浮かぶ

でも

時針も分針もなくて

今は何時なのか分からない

それから少しして

今度は

不安の雲が頭の中にいっぱいいっぱい押し寄せて

それがどんどん真っ黒い雨雲に変わって

涙の雨が降る

泣きじゃくる声は雷みたい

頭の中で

曖昧なお天気キャスターがいう

「このぐずついたお天気はしばらく続くでしょう

でもいつか

きっといつか 晴れるでしょう」

一宮に原画送ったよ

新作絵本「おばけのマールとモーニングのあとで」の原画が出来て、今は絵本印刷の真っ最中。

原画の方は一宮市三岸節子記念美術館に到着した模様。来月10日から「ぼく おばけのマール」絵本原画展が開催予定。

これは3ヶ月くらい前に、パソコンで下絵を作画中の様子。来札していた写真家の露口啓二さんにお願いして撮ってもらいました(部分)。

日中は雑多なことでほとんど作画が出来ず、睡魔と戦いながら夜中に取り掛かる日々・・

疲労でケアレスミス連発で余計に効率が悪くなってしまっていたのだけど・・

とにかく。間に合って良かったよ〜

絵本できるの楽しみだな (^o^)♪

キンカンばあちゃん

お正月のアレンジメントを片付ける時に、使われていたキンカンの小枝が可愛くて、ドライにしたらどんな風になるかな?と、なんとなく取って置いていた。

それからほぼ1ヶ月経って、ふと思い出し見てみたら、実の方はシワシワに萎んで色はくすんでしまっているし、枯葉はクルクルと巻き込んで堅い芯のようになっていて。

あらら、こんな感じになっちゃったか。

捨てようかなって摘んだら、萎びた実がこっちを向いておばあちゃんみたいな顔で笑いかけてきた。葉っぱなんかはまるで古い着物の袖を振り上げて「バンザーイ!」ってしているようじゃないの。

結局花瓶に戻し、「キンカンばあちゃん」と命名。

もうしばらく見守っていてもらおう。

ねむいねむいオバケ

毎日、夜の10時が過ぎる頃にやっと、静かで自由な私だけの時間が始まる。

よしっ!今夜こそ集中して仕事をしたいし、たっぷりと本も読みたい。そして充実した証に日の出を拝んでやろう。

・・と志すも束の間、いつも、ねむいねむいオバケが戦いを挑みにやってくる。

しばらくは拮抗するものの、結局は睡魔の誘惑に勝てず、このところ負けっぱなしの毎日。

おかげでやるべきことがたまる一方、困ったものだ。

でも今夜こそ負けない!

きっと今度こそ打ち勝ってみせる!!

そして今こそ、効率よく仕事を捗らせ積読になってる本も読了させ、昇りたての朝日に勝利宣言をしてみせるゾー!!!

・・って、今度と化け物ってヤツですか?

ZZZ…