キンカンばあちゃん

お正月のアレンジメントを片付ける時に、使われていたキンカンの小枝が可愛くて、ドライにしたらどんな風になるかな?と、なんとなく取って置いていた。

それからほぼ1ヶ月経って、ふと思い出し見てみたら、実の方はシワシワに萎んで色はくすんでしまっているし、枯葉はクルクルと巻き込んで堅い芯のようになっていて。

あらら、こんな感じになっちゃったか。

捨てようかなって摘んだら、萎びた実がこっちを向いておばあちゃんみたいな顔で笑いかけてきた。葉っぱなんかはまるで古い着物の袖を振り上げて「バンザーイ!」ってしているようじゃないの。

結局花瓶に戻し、「キンカンばあちゃん」と命名。

もうしばらく見守っていてもらおう。

ねむいねむいオバケ

毎日、夜の10時が過ぎる頃にやっと、静かで自由な私だけの時間が始まる。

よしっ!今夜こそ集中して仕事をしたいし、たっぷりと本も読みたい。そして充実した証に日の出を拝んでやろう。

・・と志すも束の間、いつも、ねむいねむいオバケが戦いを挑みにやってくる。

しばらくは拮抗するものの、結局は睡魔の誘惑に勝てず、このところ負けっぱなしの毎日。

おかげでやるべきことがたまる一方、困ったものだ。

でも今夜こそ負けない!

きっと今度こそ打ち勝ってみせる!!

そして今こそ、効率よく仕事を捗らせ積読になってる本も読了させ、昇りたての朝日に勝利宣言をしてみせるゾー!!!

・・って、今度と化け物ってヤツですか?

ZZZ…

マ〜ルとおともだちのモビールつくったよ!

1/14(木) 子どもたちと一緒に、マ〜ルとおともだちのモビール作りをしました。

場所は中島児童会館2階の工作室。東側と西側の壁一面に大きな窓があります。

そこから望む真っ白い雪景色を、ああ北国らしいなあと思いながら、子どもたちがやってくるのを待ちます。外は氷点下だけど、工作室の床暖房がぬくぬく暖かい。

しばらくして、タタタッと階段を駆け上がる足音が聞こえます。一人、そしてもう一人・・・子どもたちです。

子どもたちには、好きな枝を1本とマ〜ルとおともだちの素材48種類の中から、10種類をランダムに組み合わせた材料を1つ、それから吊り紐用に好きな色の毛糸を選んでもらいます。

保育士さんにフォローしてもらいながら、モビールづくりの始まりです。

絵が上手な子、色にこだわりのある子、毛糸の長さを几帳面に測る子

さっさと仕上げて遊ぶ子、質問をいっぱいする子、楽しくおしゃべりしながら作る子、一人でじっくり取り組む子 etc.

みんな一生懸命に作っています。

さあ、できました〜!!!

最後は、完成品を持って記念撮影をパチリ。

みんな思い通りにできたかな?

玩具箱みたいな原画展

1月10日(土)から中島児童会館で絵本原画展がはじまります。

前の日の今日伺ったら、すでに職員の方々が額装から何から何まで準備してくださっていて、不織布で作ったマ〜ルがお出迎えしていたり、マ〜ルのポストカードを額装して飾ってくれていたりetc.

まるで玩具箱みたいな原画展!児童館ならではの手づくり感いっぱい!!子どものぬくもりが感じられる空間での展示に、ほっこり温かい気持ちになりました♡

場所は地下鉄中島公園駅の3番出口をでて振り向くと目の前です。お近くにお越しの際は、お時間ありましたら覗いてくださいね(^o^)♪

14日にマ〜ルとおともだちのモビールをつくるワークショップ(小学生対象)を行います。

昨夜見本を作ってみたら、なかなか楽しい感じに出来ました(^o^)

ワークショップはまだ空席がありますので、冬休みの自由研究がまだの子はぜひ♪

お問い合わせはこども人形劇こぐま座(011-512-6886)へ

よい一年になりますように

ソーシャルディスタンスの日々

今年もまだまだ続くけど

心の距離まで

遠くなりませんように

家族も

友だちも

これまで出会った人たちも

これから出会う人たちも

心の中でハグしているよ

みんな元気でいてね

よいことがありますように

イトトンボもSTAY HOME !?!

これ、納戸にしている部屋でメダカを飼っている睡蓮鉢の写真。右上のネットに白い虫みたいなのが止まってるのわかるかな?

今朝これを見つけた時に、てっきり蜘蛛だと思って、朝蜘蛛は縁起がいいんだっけなぁ、ラッキー!ってなったんだけど。

よーっくみたら、尻尾みたいなのがついてるし、全然動かなくて。もっと目を凝らしてよーっくよーっくみたら、抜け殻だってことが分かって。

てことは、何かが羽化してつまり、この部屋の中にいるってこと。

ん?・・ってこと!?!

で、何が羽化したのかと思ったら!?!

イトトンボ!!!!!

え!?!うちでSTAY HOMEしてたのー???

夏の間、睡蓮鉢をベランダに出していたから、その時に卵を産んでいったのかな?それにしてもイトトンボだなんて!しばらくみたことなかったから珍しい。

この後はもっちろん!!とびっきりの秋晴れだったから、青空に送り出してあげましたよ〜

どれくらいの命か分からないけど、存分に自由を謳歌してほしいな ♪

“STAY”の後ろに続く言葉

「”STAY HOME”って命令されているみたいじゃない?」と友人から。

確かにこうも長引くとだんだんご主人様に犬が「待て」って言われているような気がしてこないでもないね。我々は犬じゃないのだ。ともかく自主的にやっているのだと思うことが穏やかに過ごすコツかもしれない。

“STAY”という単語を聞いて真っ先に思い出すのが、スティーブ・ジョブズが米スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチだ。

”Stay Hungry. Stay Foolish.”

ふとまた読みたくなって、日本経済新聞のサイトにあるスピーチ全訳を読んだ。今このコロナで逼迫した心に改めて気づかされる大切な言葉がぎっしりあった。ジョブズがこの時のために残してくれた贈り物かもしれない。

そんな中、プロダクトデザイナーの伊藤千織さんからちょうちょが届いた。早速天井から吊るすとゆらゆらゆれてゆっくりとした時間が流れる。光が当たると時おり羽に文字が浮かび上がることに気がついた。

“STAY HAPPY”

今大切なのは”STAY HOME”だけど、これは人生でずっと大切なこと。

世界は素敵なことばに満ちている

若い頃、海外旅行が好きで言葉も話せないくせに、ナポリでレンタカーを借りた。知っているイタリア語はせいぜい「チャオ」と「ボンジョルノ」と「グラッツェ」くらい。

でも、「チャオ!」と言ってレンタカーショップのドアを開け、カウンターで持っていた地図と身振り手振りetc. なんとかソレントまでを乗捨てで借りることができた。

そのほか乗ったバスの運転手さんに「チャオ!」、対面販売の店員さんに「チャオ!」、レストランの給仕さんに「チャオ!」、はたまた道ですれ違う人にまで「チャオ!チャオ!」。

若気の至りではあったけど、一瞬でも心が通えたのはまちがいない。

なにせその街がそこに住む人々が一層好きになった。ことばの力って大きいなと肌で感じることができた貴重な体験だ。

今度の絵本「おばけのマ〜ルとすてきなことば」を作っているとき、そんなことを思い出したりしていた。

タグ打ちで脳トレ

昨日一昨日とまる2日がかりで、おばけのマ〜ルのオフィシャルサイトの中の「えほん」「マ〜ルのおともだち」のページを更新した。

外部のデザイナーさんに作ってもらったデザインをとっても気に入って、ずっと使っているのだが、いざ私が更新するとなると未だにテキストベース、つまりhtmlやcssのタグやソースコードを20年くらい前に覚えた記憶をたどって手打ちしている状態。ソースをプリントアウトして、何を追記したり変更すればいいのか、新規に作成すべきファイルは何か、はてはてにらめっこだ。おまけのその頃の知識なので大したこともできないのが情けない。タブレットやスマートフォンでみるとレイアウトがくずれてしまっている (-_-;;

やれやれ!大変だったけど「マ〜ルのおともだち」はふえて楽しくなったし、まあ脳トレにもなったかな〜 笑

4月24日発売の「おばけのマ〜ルとすてきなことば」のおともだちは、発売後に追加しますのでどうぞお楽しみに!!!