北海道立文学館で

 

4月20日〜6月24日の期間、没後50年子母澤寛の特別展が開催されています。今回展示物のバナーやチラシなどのイラストを描かせてもらいました (^o^)

今日はその開会式に行ってきました。朗読ありギター演奏あり締めは落語家の方による三本締めで賑やかムード。セレモニーの後でギターの高泉さんがおばけのマ〜ルをイメージしたオリジナル曲を演奏してくれて嬉しかったな♪20180420_1.jpg

写真左上から時計周りに

  1. 特別展チラシ、表面と裏面(子母澤寛とお猿の三ちゃんのお茶目なイラスト描きました)。
  2. 展覧会図録(セレモニーにいらしていた作家の方々の寄稿文もいっぱい)。
  3. 勝海舟(一)黒船到来(NHK大河の「西郷どん」と合わせて読みたい感じ)。
  4. 味覚娯楽(Kindleで試し読みしたら面白くて文学館で文庫を購入)。
  5. 愛猿記(猿の話ばかりかと思ったら全7話の実話に基づく動物記。子どもの頃に夢中になって椋鳩十やシートン動物記を読んだのが蘇った。実に動物の心情を捉えていて面白い)。
  6. 子母澤寛の本名、梅谷松太郎に因んで梅を形どった和菓子。
  7. ウォーターマン Le Man 100  Patrician Blue(お気に入りの万年筆)
  8. 子母澤寛×なかいれい一筆箋(この展覧会に合わせてデザインした一筆箋。愛猿記や写真などから伺える動物好きな私生活からイメージしました)。文学館で販売しています!お手に取っていただけると嬉しいです (^o^)/

20180420_2.jpg展示室入口には、写真撮影パネルもあります。記念に一緒に撮ってくださいね♪

北海道立文学館のサイト

広告

ミモザ色のワイドパンツ

20180408.jpg昨年の10月にブルーチップで届いたミシン、箱も開けないまま半年近く放置してたけどようやく使ってみたよん

パジャマみたいなウエストゴムのパンツの型紙を、裾広がりのワイドにして両サイドにポケットをつけて幅広のリボンベルトをつけて股上深めにアレンジしたらトレンドっぽいワイドパンツができちゃった♪

ほとんど直線縫いだから1〜2日しかかからなかったけど、縫い目はちょっとガタガタ(笑)でも自分で着る分には全然OKでしょ〜 (^o^)

春のおシャレしなくちゃ

20180406_2.jpg
久しぶりにファッション雑誌のサイトを覗いてみて、ここしばらくお洒落に無頓着だったことを気づかされた…このままではダメじゃん!

いくつになってもおシャレ楽しまなくちゃね。春なんだし♪

明るい色の服が着たいな〜
桜とかクロッカスとかお花みたいな色

札幌国際芸術祭2017

news170806.jpg

すっかりご無沙汰してしまいました!

SIAFもとうとう明日が最終日。マ〜ルのスタンプラリー、是非コンプリートしてくださいね♪

スタンプ6個以上でスタンプ絵柄のシールグッズがもらえます (^o^)

 

 

スタンプ全制覇するとこんな感じ
news170930 1.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もらったシールをモレスキンに貼ってみた

news170930_3.jpg

 

吹雪

20170324.jpgもう3月も下旬だというのに

一日中ずっと雪が降って寒かった

週間天気予報の可愛いすぎる雪だるま

この時期はもう見たくないなあ…

 

1月19日(木)雪

20170119.jpg

「マ〜ルとたんけん!ちいさなびじゅつかん」展、今日が最終日でした。来てくださったみなさん、本当にありがとうございました (^o^)

閉館後にけーたろう氏とマ〜ルの木のメッセージをひとつひとつ読んで胸がジーンと熱くなりました(絵をクリックすると画像がでます)。

小さな子どものあどけない文字や絵、大人の方からの温かい言葉、闘病中の方がご自身に向けた思い、受験生の願い事 etc.

どれをとっても生き生きとして命が宿ったメッセージでした。宝物として大切にします。

会期中毎日更新していた絵日記の展覧会ブログもここでおしまいです。展覧会の裏解説として楽しんでいただけてましたら幸いです。見てくださった方ありがとうございました(*^o^*)

また気まぐれに綴っていきたいと思いますのでときどき覗いてみてくださいね♪

1月18日(水)くもり

20170118.jpg

<マ〜ルとマ〜ルのおともだち>は絵本の登場人物たち。

いつの間にか36点に増えました。これらは日頃アトリエの壁を埋め尽くしているので今はすっきり、というよりちょっぴり殺風景。でも展覧会もあと1日になりました。

1月17日(火)晴れ

20170117.jpg

1人がけソファの上には手作り感いっぱいで可愛くて好きなものばかりをおきました。

マ〜ルの油彩画を初め、紙粘土で作ったマ〜ル、個包装に顔を手描きしたマシュマロの写真、けーたろう氏のお父さま手作りの楽器ライア、HBC堰八沙也佳アナウンサーの絵本「ぶぅくんハムになる?」の『キコキコ商會』さんによる手作り豆本、それを読んでいるフェルトの手作りマ〜ルなど。

手作りは心がほんわり温かくなりますね♪