マンハッタン到着

久しぶりのニューヨーク。
毎年行こうと心に誓っておきながら、なんと7年ぶりである。
前回訪れた時に美術館の監視員、駐車場の守衛、ドーナツ屋の店員、カフェで話しかけてきた人 etc.
明るくフレンドリーな黒人たちだったが彼らが言葉にした白人に対する共通の思い。
初めて会った私に皆なぜわざわざ告げたんだろう?
おかげでそれ以来私の心のどこかにずっとひっかかっていて、
ニューヨークのことを考える度に常にセットでつきまとうことになってしまったのだ。
果たして今回は何を思うだろう?
オバマ政権になってからの変化を私は感じ取ることができるだろうか?
さて、今回借りたのはアッパーイーストのアパートメント。
090618_131501
キッチンが広い!コンロ口が4つもついてる。
サリュチェフ火山の噴火の影響もあってフライトは大幅に遅延。
機内で一睡もしなかったせいで、もう27時間起きっぱなし。
頭グラングラン、おしゃべりで親切な管理人さんの説明も上の空。
ひとまずお風呂に入って、
先人が残していったワインをいただいてバタンキュー。

パリ、アパルトマンを借りて暮すような旅

Lrg_10153990_3
2007年5月、ヴォージュ広場のそばに素敵なアパルトマンを借りて2週間ほど過ごしました。今回の旅のテーマは、ずばり「パリに暮らす」。マルシェでお買い物してお料理したり、部屋にお花を飾ったり、カフェや公園でのんびりしたりetc.
新緑の5月、この時期パリはそんな過ごし方がピッタリです。
Lrg_12285463
パリで最も美しいと言われる(映画『パリ・ジュテーム』より)ヴォージュ広場。奥に見えるレンガ色の建物が今回滞在したアパルトマンです。
Lrg_12285464
近づいてみると、こんな感じです。
Lrg_12285465
アパルトマンの入り口。
Lrg_12285466
古い建物なのでエレベーターはありません。
ら旋階段をぐるぐると上がって行きます。
Lrg_12285467
さあお部屋に到着。中はこんな感じでとても素敵なお部屋です。55平米の広さでゆったり過ごせそう。
Lrg_12285511
窓は西向きなので、サンセットが楽しめます。これ、9時ちょっと前の景色。
この時期、パリは日が長くて夜9時をまわらないと暗くなりません。
Lrg_12285512
アパルトマンのから10分ほど歩いたところに、FIGARO Japon2007/6/5号のお総菜特集にでていた「シュプレーム・デュ・マレ」があります。そこの古株シルヴィさん。お総菜はとっても美味しかったです。
Lrg_12285570
北マレにあるピカソ美術館もアパルトマンからは歩いて10分くらい。
絵画を始め彫刻、デッサン、版画などなどピカソの初期から晩年までの作品がな〜んと3000点以上とか。 見ごたえたっぷり。
Lrg_12285572
ピカソを堪能した後は、ヴォージュ広場に戻って一休み。アパルトマンの目の前が公園だなんて贅沢。
Lrg_12285573
木陰で飲むビールとサンドウィッチは格別に美味しくて。
Lrg_12285574
スーパーで食材を調達。ヘアムースやティッシュペーパーなんかもラベルがお洒落。
Lrg_12285605
キッチンがちゃんとしているからお料理もできるんです。
Lrg_12285606
こんな晩ご飯になりました。
Lrg_12285607
朝ご飯もしっかり作って。
Lrg_12285608
今日はセーヌ川沿いを歩いて、シテ島の花市に部屋に飾るお花を買いに行こう。
Lrg_12285609
てくてく行くとノートルダム寺院の側も通ります。
Lrg_12285615
シテ島の花市に到着。ここまで結構歩いたなあ。
Lrg_12285616
わあ!お花が綺麗〜。
Lrg_12285617
またセーヌ川沿いを散歩して帰りたいけど、
Lrg_12285618
お花が枯れたら大変だから、メトロで戻ろうっと。
Lrg_12285619
シャクヤク。フランス語でPivoineです。映画「ロシュフォールの恋人たち」の中でカトリーヌ・ドヌーヴがお部屋に飾っていたのがとても素敵で真似したいなと思っていたんです。
Lrg_12285650
ランチはアパルトマンの下のcafe HUGOで食べてみよう。いつも賑わって人気店なのです。
Lrg_12285651
午後からは庭園を眺めたり、
Lrg_12285652
ブランクーシのアトリエを覗いたり、
Lrg_12285653
街頭のミュージシャンの演奏に立ち止まったり。
Lrg_12285654
レストランのメニューにも魅かれるけど、
Lrg_12285665
今日は部屋にお花を飾ったから、チキンとワインを買って部屋でのんびり過ごそう。チキンはお肉屋さんで丸焼きを半分に切ってもらって、ワインは小さな商店でボルドーの赤を。
Lrg_12285666
さあいただきます。
Lrg_12298226
早起きした土曜日は、ヴァンヴの蚤の市に行ってみよう。テントがかわいいお店がいっぱい。
Lrg_12298227
食器から工具から家具や衣類など、いろんなものが売っています。これ、壁に取り付けるタイプの陶器のコーヒーミル。かわいい!!
セ・コンビアン?
Lrg_12298228
部屋で使うのにちょうどいいコーヒーカップ&ソーサーをみつけました。2客で5ユーロのお買い得。フォションのお菓子パッケージと同じスモーキーピンクが気に入って。並べてパチリ。
Lrg_12298229
ラスパイユのマルシェへ。ここはパリで一番大きなビオ(オーガニック)マルシェなんですって。
Lrg_12298230
マルタ島から友人が合流するので、はりきっていろいろ買い込んでみました。マッシュルーム、ナス、ズッキーニ、ブロッコリー、テリーヌ、ソーセージ、オリーブの酢漬け、タラの輪切り、クロワッサン、フランスパン、ヨーグルト、マンゴー。これら全部ビオなんです。
Lrg_12298394
タラはオリーブオイルでソテーして、マッシュルームを添えて。グリーンサラダもったっぷりと。
Lrg_12298395
マドレーヌ広場の近くのLAVINAというワインショップ。ここの地下には見事なシャトーものがズラリ。
Lrg_12298396
2Fのレストランではショップで買ったワインを定価のまま持ち込むことができます。料理も大変美味しくて。
Lrg_12298397
買ったワインはこちらの赤白1本ずつ。どちらもビオワインです。
Lrg_12298398
晩ごはんは昨日マルシェで買ったソーセージで。赤のワインにピッタリな味。
Lrg_12298453
晩ごはんの後も外は明るいから夜遊びしたくなってしまう。近くのお洒落なバーcafeBACI。照明ダウンで外より店内の方が暗いくらい。
Lrg_12305459
今日は鉄道に乗ってベルサイユ宮殿に行ってみよう。
Lrg_12305460
RER C線の終着ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅で降りて、地図で位置を確認。ここから500~600mくらいかな?
Lrg_12305461
こんな並木道を歩いていくんです。
Lrg_12305462
あ、見えてきた。駐車場が広〜い!
Lrg_12305463
宮殿の近くまで着きました。青空によく映えるなあ。
Lrg_12305481
宮殿の中はとにかく素晴らしくて。感動のため息が堪えない。
Lrg_12305482
周りに高い建物がいっさいないので空が広いんです。
Lrg_12305483
プチ・トランに乗って、マリー・アントワネットの庭(プチ・トリアノン)にも行ってみました。
Lrg_12305484
まるでバルビゾン派の絵画の中に入り込んだよう。
Lrg_12305485
この時期バラが満開なんです。
Lrg_12311653
さて、帰国する日も近づいてきました。この辺で、パリで見つけた素敵なショーウィンドウの写真などを紹介します。これはオリーブオイルやレモンオイルのお店。
Lrg_12311654
こちらは石鹸。
Lrg_123127701
美味しそうなお肉屋さん。ホームパーティーしたくなっちゃう。
Lrg_12311655
本屋さんです。レコードのジャケットみたい。
Lrg_12311656
それからパリで出会った人たち。色鮮やかな帽子やアクセサリーは全て彼女の手作りです。
Lrg_12311657
このワンチャン、いつもこの場所に寝そべっているの。
Lrg_12311712
「僕を撮って!」って、大きな目をクリクリさせたかわいい少年。
Lrg_12311713
マルシェの果物やさんに、
Lrg_12311714
フォアグラの缶詰めやさん。日本の雑誌にもよく取り上げられてるんですって。さすがにカメラ慣れしています。
Lrg_12312772
さあ出発の日。朝ごはんもしっかり食べて。
Lrg_12311716
お世話になりました。素敵なパリをありがとう!
Lrg_12312771
おしまい。