「赤い服の少女」が絵本になった!

mima 三岸好太郎美術館 展示室6・7
前期2020年12月19日~2021年2月14日
後期2021年3月4日~4月11日
※所蔵品展「エキゾティック・イメージ」ー上海から道化へ と同時開催

mima 三岸好太郎美術館の人気作「赤い服の少女」(1932年)の当時の制作秘話などがスポット展示されます。
それに合わせて描き下ろした、ミニ絵本「おばけのマ~ルとあかいふくのしょうじょ」の原画がパネル展示されます。

「赤い服の少女」のモデルは当時5歳だった本間澄江さん。お年を召してからも何度か美術館でお見かけしましたが、絵のイメージの可愛らしさそのままでした。

このミニ絵本の中には、同時開催「エキゾティック・イメージ」の展覧会出品作品をメインに三岸作品なんと!37点!!!それから三岸好太郎やmimaに関わりのある人たちなどなどが隠れています。
どれがどれか分かるかな???(全部みつけられるかな〜?)

絵本片手に展覧会を楽しんでいただけたら嬉しいです(^o^)♪

ミニ絵本はmima内カフェきねずみにて数量限定で販売予定です(1冊600円 税込)

詳細はこちら